ボイストレーニングの前に 2 声を出してみる

ボイストレーニングをする前の準備として、息のコントロールが出来るようになると、実際に声を出しみましょう。このときに、何秒間か同じ音量、トーンで続けてみます。途中で不安定になるまで続けます。次にだんだん大きく、そして小さくと訓練をします。このときには、お腹に力を入れて、複式呼吸法を忘れずに行います。最初は10秒程度で十分です。できるようになったら時間を長くしてみてください。どうしてもできない場合は、口の中にピンポン玉を入れてやってみてください。顎に力が入らなくて、本当に自分が出せる声をだすことができます。ボイストレーニングの手始めとして行なってみてください。あまり長い時間は喉を痛めるので、30分程度を目安にしてください。


勧誘がなくて、安くて痛くない、満足できる脱毛サロンを教えてください。

ロココ調の上品でカワイイ空間で、いつもと違う1枚を撮ってみませんか?

大豆本来のうまさが引き出されていて、飲みやすくて美味しいです☆

横浜 タトゥー デザイン